9月の五感あそび in 高齢者施設

2016年09月14日
9月の五感あそび in 高齢者施設

『ここ、こうなってる』と、ご自分の目の下を触りながら、何度も私に話かけてくださったのは、五感あそびにご参加くださった、ご利用者のお一人です。

・・・ん?なんだろぉ・・・??? ・・・ここ??目の下・・・・

しばらく気づかずにいましたが、どうやら私の目の下のクマを教えてくれているようです。

ふっと我に返り、“そうだ!!!私めちゃめちゃ疲れていて、目の下が真っ黒だった!!!”

「日頃はほとんどお話しをされない方ですが、五感あそびの時は表情も豊かで、会話も多いのです」と職員さんから教えていただきました。

五感が冴えまくり、私のクマまで見つけてくださったというのでしょうか!!

 

photogrid_1473840241684

※9月の五感あそび「マグネット・メッセージボード(A4サイズ)」

 

そして今日は、90代のご利用者さん(女性)が、折り紙の蝶々を作りながら、懐かしい歌♪を聞かせてくださいました。

その歌は、どんどん広がり、最後は皆様で大合唱となりました♪♪

実は、このように毎回、毎回、ビックリするような出来事を経験しています。

そして、毎回、毎回、しあわせな気持ちになっています。

 

セルフケア・ネットワークでは、3箇所の高齢者施設にて、月に1度「五感あそび」を開催しております。

ボランティアでの関わりを含めると、今月で丸4年!

現在は、ご利用者の皆様から材料費を頂戴して開催しています。

毎月、歳時記と機能を合わせた手づくりの作品作りにご参加いただいています。

 

五感あそびの特長は、感覚器、運動器の活性化につながるワークショップです。

①記憶をつなぐ「色あそび」

②ここちよい時空間をつくる「香あそび」

③脳の活性化につながる「手あそび」

 

photogrid_1473839600492

※たくさんの材料や色から「好きなもの」をお選びいただきます。大盛り上がりの瞬間です!

 

月に1度の訪問ですが、「待ってたのよ~」「来た!来た!」と、手を握りあたたかく迎えてくださり、心がほっとあたたかくなります。時には、ハグで迎えてくださることも^^

作品のアイデアと準備は、理事の市川美奈子先生と、当初、お隣さんカフェにご参加くださり、その後私たちの活動のお手伝いをしてくれている輝子さん(75歳)。

輝子さんは、準備だけでなく、最近は施設のワークショップや、講演などにも同行してくれる最強スタッフです。

「私がこんな風になにかの役に立てるなんて信じられない。本当に充実しています」と話してくれました。

 

さぁ~、10月の五感あそびはなんでしょう。

私も楽しみです!!