4月22日(土)第4回JiJoカフェ「40歳からの介護研修」キックオフミーティング

2017年04月22日
4月22日(土)第4回JiJoカフェ「40歳からの介護研修」キックオフミーティング

セルフケア・ネットワーク(S.C.N.)は、今年で4年目を迎えます。

今年度より、これまでの活動を踏まえ、研修事業の充実を図ることにいたしました。

 

その1つとして「40歳からの介護研修」のキックオフミーティングを本日開催いたしました。

 

 

これは、奈良県天理市の介護事業所㈲あいネットさんと、特定非営利活動法人つむぎさんが制作監修した研修です。

対象は、介護従事者ではなく「すべての40歳」が対象者です。

㈲あいネットの中川社長と、NPOつむぎの山本理事長はこう言います。

「20歳になったら献血を。40歳になったら介護研修を。」と。

このお話を伺った時、「まさにセルフケアだ!」と感銘を受けました。

 

40歳になると、介護保険の徴収が始まります。

しかし、その内容がなんなのかを知っている人は数少ない。

でも、それは当然のことです。

だって「実感がない」のですから・・・

私たちは、親が介護が必要になった時、初めて「介護保険」を意識します。

何事もそうですが、当事者にならなければ、情報のアンテナは立ちません。

~~「その時」になればなんとかなるから!~~と、多くの人は思っていますが、

「その時」では遅いこともあるのです。

 

「知る」ことは、自分や大切な人を「守る」ことにつながります。

 

本日は、制作監修された中川社長、山本理事長、行政書士の吉川さんが奈良県から、テキストを作成したデザイナーの岩田さんが大阪から駆けつけてくれました。

また、首都圏を中心にご活躍のさまざまな業種の方々、厚生行政の専門家など、大勢の方々がご参加くださいました。

 

 

ミーティングでは、貴重なご意見をたくさんいただき、実施に向けより充実した内容になりそうです。

終了後の懇親会では、更に更にありがたいアドバイスをいただきました。

皆様、ご多用のなかご参加くださり本当にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

 

 

研修実施につきましては、近くご報告いたします。

 

お問い合わせは「こちら」から