第2回 JiJoカフェ 3月27日(日)

2016年03月21日
第2回 JiJoカフェ 3月27日(日)

♪ ご好評につき、お陰様で予定人数を大幅に超え、既にご予約を締め切らせていただきました。

 

S.C.N.のJiJoカフェ(自助カフェ)とは・・・

私たち、普通の市民一人ひとりが、自分らしく生きるため能動的に自分をデザインする「場」。

それがJiJoカフェです。

自分が住む地域で最期まで安心して暮すために、さまざまな“ちょっとの知識”、それをつなぎ活かす“ネットワーク”、そして“自分の覚悟”、この3つが必要です。

受動的(人任せ)ではいけません。

できなければ、できる人に、知らなければ、知っている人に教わりましょう。

 

このような想いでスタートしたJiJoカフェですが、第0回から数え、今春で3回目です。現段階では、単独のイベントではなく、「宴」も併せて開催しています。(宴メインかもしれません^^;;;;)

 

前回(第1回)は、昨年の11月に開催いたしました。

メンタルヘルス分野でご活躍の、株式会社フィスメック小出建社長をお招きし、12月からスタートしたストレスチェックについて教えていただきました。

当日ご参加くださったのは、地域の方々はじめ、さまざまなつながりでお集まりくださった40代~80代の男女20名ほど。

これはその時の様子です。

「建ちゃん先生教えて!ストレスチェックって何?」に、真剣に耳を傾ける参加者。

また、簡単にストレス解消でき、ダイエットにも効果ありという「小出ダンス」で盛り上がりました。

 

PhotoGrid_1454920763280

 

PhotoGrid_1448418045375

 

今回は、「アドバンス・ケア・プランニング・・・それって何?~~私たちもちょっと考えてみませんか、最期のこと~~」をテーマに、ちょっと話しづらいこと、謂い難いこと、聞きにくいことなどを、楽しく、明るく、ワイワイやりながら話し合ってみようと思っています。

 

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)は、将来の治療方針を患者・家族と話し合う取組みで、医療の現場で取り入れられているものですが、想定されているのは、高齢者や末期がんの患者です。症状が安定している段階で先々の治療を話し合うものです。

・・・それってどうなのでしょうね。

「まだ早いよ」、「そのうちね」、「縁起でもない」等々色々とご指摘はありますが、私は、元気なうちに将来のことをイメージしておくことが大切だと思っています。

「イメージ」です!

「想像」でも、「妄想」でもかまいませんが、とにかくイメージすることが大切!!イメージが出来ない人の多くは、「その時がきたらどうにかなる」、「なんとかなる」、「いざとなったら、何もしなくていいから」とかなんとか言って、結局人任せなんですね。

今回のJiJoカフェでは、トレーニングの意味も兼ねて、ACPについて話し合いたいと思っています。

その様子は、「レポート」としてご紹介いたします。

 

また、S.C.N.では、定期的にJiJoカフェを開催いたします。

今回は、30名以上の参加が見込まれます。

未だ次回の開催日は決まっておりませんが、ご興味のある方は下記へご連絡ください。

事前にご案内申し上げます。

info@selfcare-net.org

「JiJoカフェについて」でご連絡をお願いいたします。