【レポート】中央区社会福祉協議会「グリーフサポート入門講座」10月30日

2020年11月03日
【レポート】中央区社会福祉協議会「グリーフサポート入門講座」10月30日

~孤立しがちな方の背景にあるグリーフを理解し、私たちにできることを考えてみませんか~

 

このような呼びかけで、昨年より中央区社会福祉協議会と協働で実施している、グリーフサポート入門講座。
今年は新型コロナウイルスの影響で、開催が危ぶまれましたが、社協様のさまざまなご配慮により、対面での講座を開催することが叶いました。

 

2日目の講座では・・・

「ストレスを理解する」「五感を活用したセルフケアを学ぶ」をテーマに、グリーフサポートだけでなく、日常生活に欠かせないセルフケアについて、理論の他ワークも取入れながら伝えさせていただきました。

私の考えではありますが、グリーフサポートも必要ですが、それ以上に、自分を手当てするセルフケアの習慣が大切だと考えています。

なぜなら・・・自分を大切にできなければ、自分に余裕がなければ、自分がハッピーでなければ、身近な人にも手を差し伸べることなどできないから。

セルフケアの話をすると、『休みがない』『時間がない』『お金がない』と仰る方がいますが、

セルフケアは、仕事をしながらでも、休暇を取らなくても、リゾートへ行かなくても出来るんです。

そして、セルフケアは出来るだけ、手軽でいつでも行え、継続できるものが良いと思っています。

なので、誰にでも備わっている「五感」を活用したセルフケアが有用だと考えています。

 

講座では、理論をお伝えしながら、さまざなワークにご参加いただきます。

このワークも「五感」の活用になるのです。

コロナ禍において、平時では気にも留めなかった、会場の換気やレイアウト、机や椅子だけでなく、材料や工具の消毒等、気を配ることがとても多いのですが、その1つ1つも「五感」とつながっているなぁと感じています。

 

 

この度の講座用に、新しいワークを考案しました。

「1週間を”元気”で、”ご機嫌”に、”自分らしく”過ごすための『ポジティブ・カレンダー』」です。

このワークは、コラージュ法を取り入れたものです。

皆さま、もの凄く集中しながら、ご自分の1週間の過ごし方を考えてくださっていました。

 

2日間に渡り、会場へ足をお運びいただきありがとうございました。

私どものリクエストにご対応いただきながら、安全に講座を開催してくださった中央区社会福祉協議会様、ありがとうございました。

*画像は30日の講座の様子です。

 

 

 

■S.C.N.の講座及び研修は、五感の感覚器をフル活用した内容で構成しています。

これは対面での講座のみになりますが、出張講座も対応しております。

お問合せはこちらまでお願いいたします。

info@selfcare-net.org